[Live]井上vsダスマリニャスライブ

井上対ダスマリニャスはいつですか? 井上直哉は、2021年6月19日土曜日にラスベガスでマイケル・ダスマリナスと 生放送==> https://tinyurl.com/57yb7fa8 生放送==> https://tinyurl.com/57yb7fa8 対戦する可能性があります。 戦闘はバンタムウェイト部門で12ラウンドが計画されます。これは、可能な限り118ポンド(8.4ストーンまたは53.5 KG)になることを意味します。 井上VSダスマリニャス統計 井上直哉は、20回の成功、0回の敗北、0回の引き分けの無敗の記録でリングに挑戦し、そのうち17回はテイクアウトの方法でドロップしました。 Michael Dasmarinasは、30回の成功、2回の敗北、1回の引き分けの記録でリングに向かって前進し、そのうち20回はテイクアウトで成功しました。 詳細は、井上がダスマリニャスよりもコントロールに有利であり、85%のテイクアウト率がダスマリニャスの67%よりも高いことを推奨しています。 井上直哉はマイケル・ダスマリナスと同じ年齢で、28歳です。 ダスマリニャスは井上に2クリープの身長の利点があります。 井上直哉は従来のポジションから外れて戦い、マイケル・ダスマリナスはサウスポーです。 井上は現在、13回の戦闘が少なく、経験の浅い競争相手であり、2012年に最初の専門家の戦いがあったダスマリニャスよりも8か月後の2012年にプレゼンテーションを行いました。彼は65回の専門家のラウンド、114回のダスマリニャスとの戦いをしました。 ‘179。 マイケルダスマリナスは現在、118ポンドの部門でWBAによって8位、WBCによって14位、WBOによって12位、IBFによって1位に位置しています。 井上VSダスマリニャスフォーム 井上はエキスパートとして無敗を維持し、最後の5人の敵のうち4人を止めた。 彼の最後の戦いでは、彼は2020年10月31日にTKOによってジェイソンモロニーを彼らのWBAスーパーワールドバンタム級、IBFワールドバンタム級とリングバンタム級タイトルバトル、MGMグランド、ネバダ州、アメリカ合衆国で押しつぶした。 それまで、彼は2019年11月7日に、日本の埼玉県スーパーアリーナでのWBAスーパーワールドバンタム級、IBFワールドバンタム級、リングバンタム級のタイトルバトルで一貫した選択をしてノニトドネアを粉砕しました。 その挑戦に入ると、彼は2019年5月18日にイギリスのスコットランドのSSEハイドロで行われたIBFワールドバンタム級、WBAワールドバンタム級、リングバンタム級のタイトルバトルで第2ラウンドのノックアウトでエマヌエルロドリゲスを破った。 それ以前は、神奈川県アリーナで行われたWBA世界バンタム級タイトル争いの第1ラウンドで、2018年10月7日にファンカルロスパヤノにノックアウトで勝利していました。 彼は2018年5月25日に東京の大田区総合体育館で行われたWBA世界バンタム級タイトル争いの第1ラウンドでTKOによってジェイミーマクドネルを破った。 アクションチェック 井上は過去5回の戦闘が2年10ヶ月17日で行われ、定期的に29日で通常戦を続けている。それらの戦いでは、彼は合計23ラウンドを戦いました。これは、全体として4.6調整を続けていることを意味します。 ダスマリニャスの最後の2回の戦闘は、2年、11か月、22日の期間にわたって行われています。つまり、ダスマリニャスは1年、5か月、27日ごとに通常の戦闘を行っています。それらの戦いでは、彼は合計16ラウンドを戦いました。これは、全体で8回の調整に耐えたことを意味します。 井上対ダスマリニャスのオッズは何でしたか? マイケル・ダスマリナスは現在(+100)チャレンジを勝ち抜いており、井上直哉は頭がおかしくなった場合に(+100)獲得できます。

∫WATCH∫ 井上尚弥 vs マイケル・ダスマリナス 生中継

IBF世界バンタム級&WBA世界同級スーパー王者井上尚弥(大橋)選手と契約する、トップランクのボブ・アラム 生放送==> https://tinyurl.com/57yb7fa8 生放送==> https://tinyurl.com/57yb7fa8 は、IBF世界同級1位マイケル・ダスマリナス(比)の指名戦を、6月19日(日本時間20日)に米・ラスベガスで開催する事を示唆。日本開催で交渉は進んでいたが、新型コロナウイルスの感染拡大による規制で、外国人が日本へ入国した場合、14日間の隔離生活を強いられる事により、コンデションを作る事が実質不可能となる事が、米国開催の要因となったとアラムは説明している。